メジャー最速左腕チャプマンがコロナ感染…ヤンキース・田中の同僚、感染拡大懸念

[ 2020年7月12日 05:38 ]

ヤンキースのチャプマン
Photo By スポニチ

 ヤンキース・田中将大投手(31)の同僚で、メジャー最速の105・1マイル(約169・1キロ)を誇るアロルディス・チャプマン投手(32)が、新型コロナウイルスに陽性反応を示した。

 11日(日本時間12日)、アーロン・ブーン監督が明かし「彼は(現在)キャンプから離れている」と説明した。通算273セーブを挙げているクローザーは、新型コロナの軽い症状が出ており、当面チームを離れて療養に務めるという。23日(同24日)のシーズン開幕まで2週間を切っており、チームにとっては大きな不安材料。同時に、チーム内での感染拡大が懸念される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月12日のニュース