阪神・大山 先制呼んだ痛烈長打!「OBコンビ」が猛虎の得点源に

[ 2020年7月12日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2―4DeNA ( 2020年7月11日    甲子園 )

<神・D>2回無死、大山は左線に二塁打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 今や「OBコンビ」が猛虎の得点源だ。2回に飛び出したボーアの先制4号2ランをお膳立てしたのは、4番・大山の一打だった。

 初球だ。内角低めに入ってきた125キロのスライダーを、造作もなく捉えた。快音を残した打球は、あっという間に三塁線を破る二塁打へ姿を変えた。これで今永との対戦成績は、通算24打数10安打、打率・417、2本塁打。好相性ぶりを見せつけた直後に、B砲がサク裂した。

 9日の巨人戦でも7回、先頭の大山が安打で出塁し、続くボーアの決勝2ランを誘発した。大山が出て、ボーアが還す――。2日ぶりのコンビネーション発揮で、難敵左腕から先手を奪ってみせた。

 直近の5試合で15打数8安打、打率・533、3本塁打、5打点と好調を維持し、チームをけん引する存在。それでも常に「結果を残さないと生き残っていけない」と危機感を持って試合に臨む姿勢には、頼もしさすら漂う。左ふくらはぎの張りでマルテが登録を外れても、「4番」の心配はご無用だ。(惟任 貴信)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月12日のニュース