中日 ナゴヤドーム史上最悪の19失点 与田監督「使っている方の責任でもある」

[ 2020年7月12日 05:30 ]

セ・リーグ   中日4―19広島 ( 2020年7月11日    ナゴヤD )

6回1死、内野安打の際に足を痛めた高橋(左)を交代させる与田監督(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は23安打を浴び、ナゴヤドームのワースト記録となる19失点で惨敗。与田監督は「使っている方の責任でもあるので」と視線をさまよわせた。

 今季初登板の先発・勝野が3回途中6失点でKO。中継ぎ陣も炎上した。「3番・捕手」として初めて中軸を務めたA・マルティネスは2安打と気を吐いたが、リードで若い投手を引っ張ることはできず。「この経験を無駄にせず、次につなげたい」と必死に前を向いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2020年7月12日のニュース