日本ハム・公文の無敗記録 183戦目で止まる…プロ初黒星

[ 2020年7月12日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム3―5オリックス ( 2020年7月11日    甲子園 )

<オ・日>8回に登板した公文(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・公文のデビュー以来の無敗記録が183試合目で止まった。1―1の8回に登板した左腕は1死二、三塁から自らの野選で勝ち越され、ロドリゲスの2点適時打を浴びた。

 昨年8月に巨人・高木を抜く165試合無敗のプロ野球新記録を樹立。今季も8試合目まで好投を続けてきたが、宮西をベンチから外して休養を取らせた一戦で役割を果たせず、プロ初黒星がついた。「記録は意識はしていなかった。切り替えていく」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月12日のニュース