阪神・マルテ 、左ふくらはぎの張りで出場選手登録抹消 大山好調で治療に専念へ

[ 2020年7月12日 05:30 ]

阪神・マルテ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 阪神のジェフリー・マルテ内野手(29)が12日、左ふくらはぎの張りで出場選手登録を抹消された。4日の広島戦で痛めて途中交代。翌5日から本隊を離れて別メニュー調整となり、ベンチ入りした10日のDeNA戦も含めて5日以降は出場機会がなかった。

 矢野監督は11日のDeNA後に「ちょっとずつは良くなってるんだけど、守って走ってとなると現実難しいという判断で。しっかり早く治して帰ってきてくれたらなと思っています」と説明した。

 来日2年目を迎えた今季は三塁で開幕スタメンに名を連ね、3戦目からは4番に座るなど打線の中心を担い、13試合で打率・289、2本塁打、5打点と存在感を示していた。

 重症ではないとみられる一方、5日から「4番・三塁」に入った大山が好調なこともあって治療に専念させる方針。代わって3年目の熊谷が今季初昇格を果たした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月12日のニュース