西武・栗山 先制の右越え二塁打 プロ初勝利狙う与座を援護

[ 2020年7月12日 14:32 ]

パ・リーグ   ロッテ―西武 ( 2020年7月12日    ZOZOマリン )

<ロ・西5>2回無死一、三塁から右越えタイムリーの栗山(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 西武は0―0の2回無死一、三塁で、6番の栗山がロッテ先発のフローレスが投じた126キロのスライダーを先制の右越え二塁打。今季4試合目の先発でプロ初勝利を狙う3年目サブマリンの与座海人投手を援護する先制打となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2020年7月12日のニュース