【南北海道】阪急などで活躍の函館大有斗・古溝克之監督“夏初白星”エース工藤13K完封

[ 2020年7月12日 05:30 ]

南北海道・函館地区1回戦   函館大有斗4―0檜山北 ( 2020年7月11日    函館オーシャン )

<函館大有斗・檜山北>試合後にスタンドにあいさつしてベンチに戻る函館大有斗の古溝監督
Photo By スポニチ

 函館大有斗エースの工藤が13三振を奪い8安打完封。プロ野球阪急などで活躍した古溝克之監督に“夏初勝利”を贈った。

 昨年7月から指導を受け、インステップを修正して制球が安定した右腕は「直球はあまり良くなかったけれど、変化球がゾーンに決まった」と手応えも上々だ。昨秋は支部予選を突破できなかっただけに、古溝監督は「この勝ちを勢いにつなげたい」と表情を引き締める。主将の本田は「監督が代わって最初の代で、てっぺんを獲りたい」と南北海道大会をプレゼントするつもりだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月12日のニュース