ヤンキース・田中「引き続き慎重に…」 打球の頭部直撃から1週間「順調にプログラムを消化」

[ 2020年7月12日 11:15 ]

ヤンキースの田中将大投手
Photo By スポニチ

 4日(日本時間5日)の練習中にチームメートの打球を頭部に受けたヤンキースの田中将大投手(31)が11日(同12日)、自身のツイッターを更新。経過について報告した。

 田中は「打球が頭部に直撃してから1週間が経ちました。幸いな事にここまで順調にプログラムを消化出来ています」と報告。

 「当たった場所が場所なだけに慎重に進めていかなければいけませんが、キャッチボールも3日連続で行えています」と伝え、「引き続き慎重に…」とツイートした。

 田中は、大リーグ機構(MLB)が定めた脳振とうプロトコルに従って復帰への準備を進めている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月12日のニュース