【山口】西京、昨夏決勝と同カードでリベンジ成功!継投で逃げ切り勝ち

[ 2020年7月12日 05:30 ]

山口代替大会1回戦   西京2―1宇部鴻城 ( 2020年7月11日    ユーピーアール )

<西京・宇部鴻城>勝利し、喜びを爆発させる選手たち
Photo By スポニチ

 試合終了の瞬間、西京の選手たちはホームベース付近で喜びを爆発させた。昨夏決勝と同じカードで2―1とリベンジに成功し、高らかに校歌を歌った。

 立役者は先発した久野だった。「1年から試合で負けっぱなしの相手だったので、勝ちたかった」と序盤から宇部鴻城打線に立ち向かった。5つの四死球を与え、3者凡退は2回と3回だけだったが、要所を締めた。

 最大のピンチは2点リードの6回。右犠飛で1点を返され、さらに2死二、三塁とピンチを招いたが、「気持ちを入れて投げよう」と後続を打ち取って踏ん張った。7回からは原田悠が3イニングを0で抑えた。浜田洋平監督は「継投は考えていた。6回を粘ったのが勝因でしょう」と称えた。

 久野はリベンジの思いが人一倍、強かった。昨夏の決勝。2年生ながら先発に起用され4回途中KO。チームも1―7で甲子園を逃した。「今までで一番悔しかったし、今までで一番泣いた日でした」と振り返る。

 あれから1年。6月20日にあった組み合わせ抽選で初戦での再戦が決まった。「いつかは当たると思っていた。気合が入りました」と1年分の思いをぶつけた。

 次戦は宇部商を破った萩商工と対戦する。「接戦を勝った相手。気後れせずに魂を込めて投げたい」と久野は腕をぶした。

 一方、敗れた宇部鴻城は好機であと1本が出ず10残塁。けん制死や犠打失敗などミスも痛かった。尾崎公彦監督は「随所随所でもうひとつ、冷静にプレーができなかった」と総括した。無安打に終わった主将の村中は試合後、「優勝した姿を見せたかった」と保護者が集まる前で涙した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月12日のニュース