ロッテ・種市 10K今季初勝利「何とか粘れた」

[ 2020年7月12日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ6―4西武 ( 2020年7月11日    ZOZOマリン )

帽子を飛ばして力投する種市(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 ロッテ・種市が6回3失点で今季初勝利を挙げた。4年目右腕は今季初の2桁となる10三振を奪い、4試合目での待望の白星に「うれしかったですね。苦しいピッチングだったけど、何とか粘れてよかった」と喜んだ。

 6―2の6回2死一、三塁。既に122球を費やし、左打者が続く場面だったが、井口監督は続投した。「うちのエース格。何とかあの回をしのいでほしいという思い」。種市は鈴木に中前適時打されたが、源田を空振り三振に仕留めた。自己最多の130球を投げ抜き、開幕から4試合連続クオリティースタート(6回以上、自責点3以下)を決めた。

 チームも観客の入った本拠で初勝利。種市は「最後、三振を取って拍手してもらって気持ちよかった」とお立ち台で拍手を浴びた。(春川 英樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月12日のニュース