ソフトB あと1人から森悪夢…逃げ切れず借金3逆戻り 工藤監督「切り替えてやっていくしか」

[ 2020年7月3日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク8―9日本ハム ( 2020年7月2日    札幌D )

<日・ソ>9回、野村にサヨナラ適時二塁打を打たれた森(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは2連勝まで“あと1人”の場面で、どんでん返しを食らった。8―7の9回2死二、三塁で守護神・森が、野村にカットボールを痛打された。中越え2点二塁打となり、今季早くも2度目のサヨナラ負け。工藤監督は充血した目で会見場に現れて「結果は結果。打たれた結果しか残っていないので切り替えてやっていくしかない」と声を絞り出すように話した。

 先行逃げ切りの勝ちパターンが確立できない。指揮官が「攻撃陣は言うことない」と話したように、打線はバレンティンの2発などで8点を奪ったが、投手陣が点を取ってもらった直後に4度失点を重ねた。先発で5回5失点のバンデンハークは野村にソロを浴びていた。最後に森も野村から痛打され、工藤監督は「同じ打者に何本も打たれるのは修正していかないと」と唇をかんだ。

 今季の逆転負けは西武との前カードでの3戦連続を含め今季12試合で4度目。借金は工藤政権ワーストタイの3に逆戻りだ。投壊が続くピンチにエースの復帰前倒しプランが浮上した。右前腕部の張りなどで2軍での調整が続く千賀を、7日からの楽天6連戦中に1軍に昇格させる可能性が出てきた。3年ぶりのリーグ制覇へ、これ以上後れを取るわけにはいかない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月3日のニュース