阪神・ガルシア 初回3ラン被弾響き2敗目 酸欠状態から再登板する奮闘も報われず

[ 2020年7月3日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2-4中日 ( 2020年7月2日    ナゴヤD )

<中・神(3)>3回1死、治療のためベンチに戻るガルシア(左から2人目)を心配する矢野監督(88番)(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神の先発・ガルシアは、5回2/3を4安打3失点と粘投も、2敗目を喫した。通算19勝のうち10勝をあげているナゴヤドームで古巣相手に今季初白星を狙うも、一歩及ばなかった。

 「初回の失点の仕方が悪かったけど、その後は要所要所、何とか粘ることができたのはよかった」

 初回がすべてだった。1死から平田の右翼線二塁打、アルモンテの四球で一、二塁。続くビシエドにフルカウントから真ん中低めスライダーを左翼席に運ばれた。昨季、被打率・400と苦手としたかつての盟友に浴びた3ランが、決勝打となった。

 とはいえ2回以降は尻上がりに調子を上げて試合を作った。勝利への執念も見せた。3回1死無走者ではアルモンテの打席途中に酸欠状態に陥り、いったんベンチ裏に下がる一幕もあったが、「チームに勝ちがつくよう貢献したい」との一念で再びマウンドに戻り、スコアボードに「0」を並べた。6回2死一、二塁で降板も、先発としての役割は果たした。 (田中 想乃)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月3日のニュース