中日 今季2度目の零敗、菅野に1安打のみ 与田監督「仕留めることができなかった」

[ 2020年7月3日 21:20 ]

セ・リーグ   中日0―5巨人 ( 2020年7月3日    東京D )

<巨・中>6回1死、坂本に先制ソロを浴び、重い空気の与田監督(右から2人目)ら中日ベンチ(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 中日は相手先発・菅野を打ち崩せず、今季2度目の零敗。連勝が3で止まった。

 相手右腕にわずか1安打しか打てず11三振。7回1死からビシエドが左中間を破る二塁打を放ち、ノーヒットノーランを阻止するのがやっとだった。

 与田監督は「やっぱり素晴らしい投手なので、どうやって攻略していくのか、甘い球もあったと思うが、それをしっかり仕留めることができなかった」と腕組み。「昨年もいい投球をされているし、でも打ち崩したゲームもあるので、そういったところを次の登板へ向けてやっていかないといけない」と雪辱を誓った。

 一方、7回4安打2失点と好投も無援に泣き黒星を喫した先発・大野雄については「坂本のホームラン1点に抑え、2点目もエラーだから、これまでの悪かったところをしっかり修正して投げてくれた」と力投をねぎらった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月3日のニュース