巨人・菅野 今季初完封で2勝目!中日打線から1安打のみ11奪三振 大野雄との“エース対決”制す

[ 2020年7月3日 20:58 ]

セ・リーグ   巨人5―0中日 ( 2020年7月3日    東京D )

<巨・中>7回まで無失点に抑え、拳を握る菅野(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 巨人はエースの菅野が1安打のみで今季初の完封勝利を挙げ2勝目。0―0で迎えた6回に坂本が中日先発の大野雄から貴重な先制となる2号ソロ。7回には相手のミスから1点を奪うと、8回にも追加点を奪い5―0の完勝となった。

 菅野は3回までパーフェクトピッチング。4回2死から福田に死球、ビシエドに四球を与えてしまうも高橋周を左飛に打ち取って無失点。5、6回は三者凡退。木下拓、大野雄、大島、平田と4者連続三振を奪うなど中日打線を圧倒。6回1死からビシエドに二塁打を浴び、ノーヒットノーランは幻となったが11奪三振を奪うなど圧巻の内容で大野雄との白熱した“エース対決”を制した。

 打線は5回まで坂本の1安打のみに抑えられるなど大野雄に苦しむも6回に待望の先制点。1死走者なしから坂本が大野雄のスライダーを見事に捉え左翼スタンド最前列に飛び込む2号ソロ。7回には2死二塁から代打の石川が内野フライを一塁手のビシエドが捕球できず一気に二塁走者が生還。8回にも1死満塁から北村の走者一掃となる適時二塁打でリードを広げた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月3日のニュース