楽天・則本昂 右手に打球が当たるアクシデントも大事にいたらず

[ 2020年7月3日 19:31 ]

パ・リーグ   楽天―ロッテ ( 2020年7月3日    楽天生命パーク )

<楽・ロ>力投する楽天先発・則本昂(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 楽天の則本昂大投手が、3日のロッテ戦で右手に打球が当たるアクシデントに見舞われた。1―0の4回。先頭・荻野が打ち返した打球が自身の右横を通過する際、とっさに出した右手の中指と薬指付近に打球が当たった。いったんベンチに下がって状態を確認。約4分後にマウンドに戻り、プレーを再開した。当たった場所が場所だけに、ヒヤリとする場面だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月3日のニュース