DeNA・今永 2勝目も6回4失点に反省「凄く情けない」

[ 2020年7月3日 23:37 ]

セ・リーグ   DeNA5―4ヤクルト ( 2020年7月3日    神宮 )

名物の「目玉チャーハン」をPRするDeNA・今永
Photo By スポニチ

 DeNAの先発・今永は6回5安打で4失点。今季2勝目を手にしたが「凄く情けない。逆転してもらってすぐに点を取られて」と反省しきりだった。

 3回まで4四球で4失点。逆転してもらった直後の3回にも2点を失うなど、雨の降り続く神宮のマウンドに苦労した。

 4回以降はフォームの上下のバランスを修正。3イニングを1安打無失点で乗り切った。

 そんな左腕が本拠地登板の際に食べる「勝負メシ」で、選手食堂の人気メニュー「目玉チャーハン」が今季、球場内で一般発売(税込み950円)されることが決定。今季は「まだ1度も食べていない」という今永だが、普段は登板日に目玉焼きを3個乗せた「今永スペシャル」を口にしてからマウンドに向かう。

 これからは、ファンも今永と同じ目玉チャーハンを食べ、左腕に声援を送ることが可能に。今永は「ファンの方々も選手の食生活を身近に感じられると思う。もっとPRしたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月3日のニュース