巨人・炭谷 「神話」継続 6戦5勝1分けで負けなし

[ 2020年7月3日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人5―3DeNA ( 2020年7月2日    東京D )

8回2死一、三塁、中前適時打を放つ炭谷(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 巨人・炭谷が攻守で活躍し「不敗神話」を継続した。

 「丁寧に大胆に投げてくれた」と巧みなインサイドワークで桜井を好リードし、打っても先制2点二塁打を含む3安打3打点。桜井の先発試合は昨季から8試合で打率・389、14打点、3本塁打とバットで援護も「そんな意識はないんですけどね」と照れ笑い。今季は先発マスクをかぶると6戦5勝1分けと負けがない。

 パーマをかけた頭がNBAウィザーズの八村塁似といじられるベテランが、チームにまたも勝利を呼び込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月3日のニュース