西武・スパンジェンバーグ 痛恨後逸も汚名返上弾だ3安打

[ 2020年7月3日 05:30 ]

パ・リーグ   西武9―5オリックス ( 2020年7月2日    メットライフ )

<西・オ>7回1死、右前打を放つスパンジェンバーグ(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武のスパンジェンバーグが自らのミスを挽回する3安打の活躍で汚名返上した。

 初回、左翼の守備で先頭・宗のワンバウンドの打球を後逸。無死三塁とし、大城の右前適時打で先制を許したが、3回の2号ソロを皮切りに5回先頭で右中間を破る三塁打。7回1死では右前打を放った。二塁打が出れば、球団外国人史上初のサイクル安打だったが、8回の第5打席は四球。「甘い球が来たら打とうと思っていましたが、なかなかいい球が来なくて」と残念そうに話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月3日のニュース