オリックス・田嶋 4日先発西武戦へ気合、状態良し「最少失点でいく。無駄な四死球出さない」

[ 2020年7月3日 17:15 ]

オリックス・田嶋
Photo By スポニチ

 オリックスの田嶋大樹投手(23)が、先発予定の4日の西武戦(メットライフドーム)に向けて意気込みを示した。「状態は変わらず良い感じできている。継続していきたい。最少失点でいくのは先発のやるべきこと。その辺をしっかりやっていきたいです」。

 今季初登板だった6月20日の楽天戦は5回3安打1失点で、前回登板の同27日のロッテ戦は6回2/3を3安打1失点、7奪三振と好投を続けている。「投球フォームのバランスだったり、(ボールの)指のかかり、体の感覚が凄く良い感じです」と手応えを示した。

 この日は、キャッチボールなどで最終調整を完了。強打者が居並ぶ西武打線との一戦を前に、「無駄な四死球を出さないこと。あとは、今までやってきたことを、投球できたら」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月3日のニュース