西武・川越がプロ初安打 野手転向2年目、10打席目で快音

[ 2020年7月3日 21:12 ]

パ・リーグ   西武―オリックス ( 2020年7月3日    メットライフドーム )

<西・オ>8回2死、川越がプロ初安打となる右前打を放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 プロ5年目で野手転向2年目の西武・川越誠司外野手が、4―4の8回2死からオリックス5番手・ヒギンスが投じた135キロのチェンジアップを右前へプロ初安打。通算10打席目の記念の安打となった。

 打席登場の際は、恒例の日本香堂のテレビCMで有名な「青雲の歌」・20年令和バージョンが流れていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月3日のニュース