中日・大野雄 7回2失点も無援、今季初勝利お預け「点を取ってくれるまでは0点で粘りたかった」

[ 2020年7月3日 20:48 ]

セ・リーグ   中日―巨人 ( 2020年7月3日    東京D )

<巨・中>中日先発の大野雄(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 中日の先発・大野雄は7回4安打2失点と力投も無援に泣き、今季初勝利はまたしてもお預けとなった。

 5回まで毎回奪三振、被安打1と快投を続けていたが、0―0の6回1死から坂本に先制ソロを被弾。7回にも失策が絡んで1点を失った。

 「我慢比べだったのですが…仲間が点を取ってくれるまでは0点で粘りたかったです」と菅野との投げ合いで先に失点し、先に降板。悔しさをにじませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月3日のニュース