中日連勝ストップ…大野雄 7回2失点で2敗目「我慢比べだったのですが」、打線はわずか1安打

[ 2020年7月3日 21:10 ]

セ・リーグ   中日0―5巨人 ( 2020年7月3日    東京D )

<巨・中>7回2死二塁、石川の打球をビシエドが失策し天を仰ぐ大野雄(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 中日は菅野を攻略出来ず巨人との3連戦初戦を0―5で落とし、連勝が3でストップ。先発の大野雄が7回4安打2失点(自責点1)で10奪三振と好投を見せるも2敗目。打線はビシエドのわずか1安打のみに終わった。

 大野雄は初回、制球苦しみ2つの四球などで2死満塁のピンチを迎えるもパーラを見逃し三振。2回にも2死二塁とされるが増田大を一飛に打ち取って無失点。3回以降は制球も安定し4回1死から6回先頭の丸まで6者連続三振と圧巻の投球を披露。しかし、続く坂本にスライダーを見事に捉えられ左翼に2号ソロを被弾。7回には2死二塁で代打・石川の内野フライをビシエドが捕球できず追加点を奪われてしまった。

 打線は7回1死からビシエドが二塁打を放って菅野のノーヒットノーランを阻止。しかし続く後続が打ち取られて得点ならず。8、9回はランナーを一人も出せず完敗に終わった。

 ▼中日・大野雄 我慢比べだったのですが…仲間が点を取ってくれるまで0点で粘りたかったです。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月3日のニュース