ヤクルト・西浦 2発でサヨナラ劇お膳立て

[ 2020年7月3日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト9―5広島 ( 2020年7月2日    神宮 )

<ヤ・広>7回2死、西浦は左中間ソロ(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 今季3度目のスタメンで5番に座ったヤクルトの西浦が2発でサヨナラ劇をお膳立てした。

 2点を追う4回に左中間へ2試合連発の同点3号2ランを放つと、再び1点を追う7回にも同点の左中間4号ソロ。1本目は「甘い球を思い切って打ちにいこうと決めていた」と言い、2本目は「力負けしないよう自分のスイングを心掛けた」と振り返った。昨季は下半身のコンディション不良で出場44試合に終わっただけに、スタメンで結果を出して手応えを感じていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月3日のニュース