ロッテ・マーティン 名誉挽回の3戦連発で単独首位「できるというところを見せたかった」

[ 2020年7月3日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ8―5楽天 ( 2020年7月2日    楽天生命 )

<楽・ロ>7回、右越えにソロ本塁打を放つマーティン(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 楽天との首位攻防6連戦の3戦目。ロッテ・マーティンが名誉挽回の3戦連発をマークし、直接対決を1勝2敗に戻した。4点リードの7回に左腕・辛島から右越え3号ソロ。「2死だと思った」と信じられない凡ミスを犯していた。同点の3回、清田の右前打で勝ち越した後、なおも1死満塁で投ゴロ併殺。一塁まで全力疾走ならば、セーフだった。

 3連敗となれば、許されないプレーだが、1点リードの5回2死満塁では左前2点打。「マーティンはできるというところを見せたかったよ」と2安打3打点で帳消しにした。前日までの2日間はフリー打撃で金属バットを使用。衝撃音を響かせたが、連敗したことでこの日は封印。それでも打撃好調は持続した。再び単独首位となった井口監督も「しっかりと挽回してくれた」と苦笑いだった。(横市 勇)

 ▼ロッテ・岩下(5回3失点も今季2勝目)初戦、2戦目と(楽天打線に)高めが打たれているイメージがあったので、低めを意識して投げました。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月3日のニュース