【ファーム情報】ヤクルト・川端がサヨナラ犠飛、巨人先発・今村 2球で降板

[ 2020年7月4日 00:31 ]

  プロ野球のファームは3日、イースタン、ウエスタン両リーグでナイターを含めて計5試合が行われた。

 ヤクルトは西武戦(戸田)に4―3でサヨナラ勝ち。9回1死で川端がサヨナラの左犠飛を放った。先発・原は6回4安打3失点。4番手・風張が1回無安打無失点で1勝目。西武先発の育成・東野は5回4安打3失点(自責2)。メヒアが2回に1号ソロ、高木が5回に4号2ランを放った。

 巨人はロッテ戦(ロッテ浦和)3―2。先発・今村は打者1人に1安打を許し、わずか2球を投げただけで0/3回で降板。3番手・大竹が1回2安打無失点で1勝目を挙げた。ロッテ先発・フローレスは5回3安打3失点で1敗目。

 日本ハムはDeNA戦(鎌ケ谷)に5―4。先発・吉田輝が6回6安打10奪三振3失点で1勝目(1敗)を挙げた。DeNAは右肘の炎症から復帰を目指す上茶谷が先発して3回4安打2失点(自責1)。宮本が5回に2号2ランを放った。ドラフト1位・森(桐蔭学園)は4打数2安打。

 ソフトバンクはナイターの広島戦(タマスタ筑後)に6―4。先発・スチュワートは1回2/3を1安打1失点で、4番手・松田遼が2回3安打1失点で2勝目(1セーブ)を挙げた。広島先発・野村は6回2/3を8安打6失点(自責2)で1敗目(1勝)。

 中日―阪神戦(ナゴヤ)は7回降雨コールドで2―2の引き分け。中日先発・笠原は5回5安打2失点(自責0)。阪神先発・岩田は5回4安打2失点(自責0)で、ドラフト2位・井上(履正社)は1安打2打点だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月3日のニュース