楽天・辰己の今季1号ソロは決勝弾に エースの「守備の人」に奮起

[ 2020年7月3日 21:09 ]

パ・リーグ   楽天3―1ロッテ ( 2020年7月3日    楽天生命 )

5回無死、右越えにソロ本塁打を放つ辰己(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 楽天の辰己涼介外野手が、3日のロッテ戦で今季1号を放った。

 1―1の5回。先頭で、相手先発・石川の投じた内角の直球を完璧にとらえた。打球は右翼席中段へ消え「インコースのボールをうまく打てました」と自画自賛。今季1号ソロは値千金の決勝弾となった。

 この日の先発・則本昂は6回2/3を4安打1失点と好投。辰己は「則本さんも頑張っていた。昨年は則本さんに“守備の人”と言われてたので、絶対に打ってやろうと思って打席に入りました」と笑顔と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月3日のニュース