DeNA 長年多くの選手、関係者に愛されてきた「目玉チャーハン」を17日からハマスタ内で発売へ

[ 2020年7月3日 15:35 ]

横浜スタジアム
Photo By スポニチ

 DeNAは3日、横浜スタジアムの選手食堂で長年多くの選手、関係者から愛されてきた「目玉チャーハン」を17日から横浜スタジアム内店舗で発売すると発表した。価格は950円(税込み)で売り切れ次第終了。

 球団は「『目玉チャーハン』は、チャーシューとナルトなどの具材が細かく刻まれたパラパラのチャーハンの上に、2つの大きな目玉焼きが特徴です。食堂のチャーハンに、選手が目玉焼きを乗せたのがきっかけで誕生。往年の名選手たちが試合前に好んで注文した“勝負飯”として、横浜大洋ホエールズ時代から存在する選手食堂の人気メニューです。目玉焼きをスプーンで崩しながら、チャーハンと一緒にお召し上がりください」とその魅力を紹介している。

 発売場所は横浜スタジアムの「BAY SIDEコンコース2ゲート横売店『目玉チャーハン/ベイカラ』」。17日から発売するが、当面の間、新型コロナウイルス感染予防対策としてBAYSIDEのチケットを持つ客以外は購入ができない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月3日のニュース