カブス投手コーチ コロナ感染 涙の告白「本当に苦しい どれだけ過酷か分かってもらえたら」

[ 2020年7月3日 05:30 ]

 カブスのトニー・ホットビー投手コーチがオンライン取材に応じ、新型コロナウイルスに感染していたことを公表し「本当に苦しかった」と涙ながらに語った。

 38歳の同コーチは5月中旬に高熱や呼吸困難の症状が出たため入院。退院後は検査で陰性反応が出るまで自宅で30日、隔離期間を過ごした。陰性結果が出てから2週間がたち、チームに合流したものの「心肺機能は8割程度しか回復していない。この病気がどれだけ過酷なものか分かってもらえたら」と語った。

 同コーチによればダルビッシュは1日(日本時間2日)に新型コロナウイルスのPCR検査を受けたという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月3日のニュース