楽天・則本が今季最短KO 2回4失点に平石監督「イライラしていた」

[ 2019年8月29日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天4―5ロッテ ( 2019年8月28日    楽天生命パーク )

2回1死一、二塁、荻野の打球を一塁悪送球した則本(右)は田村の生還を許す(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 楽天は先発の則本昂が2回8安打4失点で今季最短KOされた。初回に1点を失うと、2回も4安打と自身の一塁への悪送球も絡んでさらに3失点。エースらしからぬ投球に「イライラしていた。投球内容よりもそういう部分が気になった」と平石監督は話した。

 則本昂が先発で2回までに降板するのは新人だった13年7月5日のソフトバンク戦での1回4失点以来。4敗目を喫した則本昂は試合後、無言で球場を後にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月29日のニュース