DeNA・石田 中継ぎに再転向 今季は左肘の張りで出遅れ「言われたところで頑張るだけです」

[ 2019年8月29日 17:40 ]

セ・リーグ   DeNA―ヤクルト ( 2019年8月29日    横浜 )

DeNA・石田健大投手
Photo By スポニチ

 DeNA・石田健大投手が中継ぎに再転向した。この日からベンチ入りした。

 昨季まで2年連続で開幕投手と務めた石田だが、今季は左肘の張りで出遅れ、5月に救援として1軍に昇格。23試合で防御率1・82と安定感を示し、後半戦から先発に戻っていた。先発では6試合に登板して3勝無敗。現在、左の救援はエスコバーひとり。助っ人はここまで63試合に登板とフル回転が続くだけに、左の救援の層を厚くしたとみられる。石田は「言われたところで頑張るだけです」と決意を込めた。

 広島戦(マツダスタジアム)は浜口と今永に加え、この日から1軍に合流した京山が先発マウンドに上がる見込み。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月29日のニュース