北別府さん 10失点KOされた大瀬良へ思い「今夜は眠れない事でしょう」自身は「今から飲む!」

[ 2019年8月29日 22:48 ]

北別府学氏
Photo By スポニチ

 広島ひと筋にエースとして通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(62)が29日、自身のブログを更新。同日の巨人戦(東京D)で3回途中10失点KOされた古巣・広島のエース大瀬良大地投手(28)の胸中を思い「今夜は眠れない事でしょう」とつづった。

 今季3度目となる中5日での先発マウンドとなった大瀬良。昨季から中5日での先発は4連続完投勝利(うち完封1度)中だったが、まさかの3回途中で10失点KOされた。大瀬良の10失点は新人時代の2014年6月7日ソフトバンク戦(マツダ)で1回0/3を投げ10失点(自責6)して以来5年ぶり2度目となる自己ワーストタイ。自責点10は自身初の屈辱となった。

 「残念で堪らないですが、、、」とのタイトルでブログを更新した北別府さんは「大瀬良、、エースならなんとかしてくれると言う期待 なんとかしようという気負い 長い野球人生においてエースといえども時にはこのような無様な投球を見せてしまうこともあります」とし、「私もこんな投球をしてしまった事は、もちろんありますよ」と吐露。「こんな時は、自身が一番憤りを感じていると思います。今夜は眠れない事でしょう」とし、「全てに於いてジャイアンツが優っていた試合でした」と残り20試合でリーグ4連覇が絶望的となる7・5ゲーム差に引き離された巨人に白旗をあげた。

 それでも「まだジァイアンツの優勝が決まったわけでは無いですし、ここはなんとか踏ん張り意地を見せないと後ろがみえてきます」と3ゲーム差に迫る4位・阪神の動向も気にした元大エース。「あ゛ーーー今から飲む!皆さんもお疲れさんでした!」とカープファンを労いつつ、ブログを締めくくった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月29日のニュース