奥川、世界一へ「早く投げたい」甲子園決勝翌日からノースロー

[ 2019年8月29日 05:30 ]

30日開幕 U18ワールドカップ

釜山に到着した奥川(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 甲子園大会決勝戦翌日の23日からノースロー調整を続けている奥川は「早く投げたいなって気持ち。壮行試合でトップレベルの試合を見られた。モチベーションになった」と意気込みを語った。

 大会期間中に計512球を投じ、蓄積疲労が心配されるが「疲れは取れてきている。(首脳陣と)話し合いながら、ブルペン入りのタイミングなどを決めたい」と見通しを口にする。昨年、2年生で唯一、U18アジア選手権の日本代表に選出された経験があるだけに「全部、侮れない」と全チームを警戒した上で「初めての世界一を目指し、世界一を獲りたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月29日のニュース