日本ハム西川、サイクル機会逃す「打った瞬間見えなかった」

[ 2019年8月29日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム8―10西武 ( 2019年8月28日    釧路 )

6回無死、本塁打を放つ西川(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・西川は日没コールドでサイクル安打達成機会を逃した。夕闇が迫る8回に西武・森が中堅右へ放った本塁打を中堅の自身が見失ったことが、日没コールドの一因となり「(打球が)近づいた時に見えたが、打った瞬間は見えなかった」と振り返った。

 打撃では右安、左翼線二塁打を放って迎えた7―9の6回に5号ソロ。「(暗くて)真っ黒なボールを打ちました」と話した。栗山監督は「審判が決めることだから」と多くを語らなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月29日のニュース