大谷 2試合ぶり安打が逆転口火 家族の前で好調キープ

[ 2019年8月29日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス5―2レンジャーズ ( 2019年8月27日    アナハイム )

<エンゼルス・レンジャース>7回、逆転の口火となる左前打を放った大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷が2試合ぶりの安打で逆転勝利を呼んだ。0―1の7回。先頭で今季11勝の左腕マイナーの初球、ツーシームを左前に運ぶと、1死満塁からカルフーンが逆転2点二塁打を放つなど、この回4点を奪った。

 「翔平から始まって四球を引き出し、チームの努力」とカルフーン。両親、兄・龍太さん、姉・結香さんら家族がバックネット裏で見守る中、大谷の一打が起点となり、連敗を5で止めた。8月は1本塁打だが打率.313と好調を維持している。(柳原 直之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月29日のニュース