広島 バティスタ ドーピング陽性反応の弁明終了 今後は調査裁定委員会で処分検討へ

[ 2019年8月29日 23:12 ]

広島のバティスタ
Photo By スポニチ

 広島のサビエル・バティスタ外野手(27)のドーピング検査の陽性反応について鈴木清明球団本部長は、29日までに本人の弁明を終えたことを明かした。

 バティスタは、6月上旬に実施されたドーピング検査で陽性反応。別検体の再調査の結果、16日の午後9時に再び陽性が確認され、翌17日に登録を抹消された。弁明は17日からの実働10日以内に与えられていた権利で29日が期限だった。

 今後は弁明から20日以内に開かれる調査裁定委員会で処分が検討される。同本部長は「NPBの発表後にお話しをします」と当初の予定通り途中経過の詳細は控えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月29日のニュース