ダル 軽めの調整日設け調子上昇 ローテーションの軸に

[ 2019年8月29日 02:30 ]

<メッツ・カブス>先発し、8回を1失点で5勝目を挙げたダルビッシュ
Photo By 共同

 【Hero's File】今季のダルビッシュはシーズン途中から状態が上がってきた。今春キャンプでレッドソックスの百瀬喜与志コンディショニングコーチと意見交換し、中4日の1日目の調整を変えたことが大きい。

 「1日目にこっち(米国)の人は下半身(のトレーニング)をやれと言うし、僕は上半身だと思っていた。ところが百瀬さんは“経験上、投げた次の日はインターバルトレーニングとか、心肺機能を使う、血液を循環させるものだけで終わった方がいい”と。それが今年の僕に関しては良かったのかなと」。ウエートトレーニングは2、3日目に回し、軽めの調整日を設けてメリハリを付けた。

 27試合先発、投球回152回1/3はチームトップ。約半分の13登板が中4日だが、疲労を残さずローテーションの軸として貢献している。(大リーグ担当・奥田秀樹通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月29日のニュース