履正社新主将に関本賢太郎氏長男の勇輔 史上5校目の夏春連覇目指す

[ 2019年8月29日 05:30 ]

 第101回全国高校野球選手権で初優勝を飾った履正社(大阪)の新主将に、阪神で活躍した関本賢太郎氏(スポニチ本紙評論家)の長男、関本勇輔捕手(2年)が決まった。28日の練習前に正式に発表された。

 前主将の野口海音ら3年生の意見を参考に指導者が話し合い、岡田龍生監督が最終決定し指名した。新チームは優勝決定翌日の23日から始動しており、史上5校目の夏春連覇がかかる来春の選抜出場を目指し、大阪秋季大会は9月7日に八尾北と1回戦を戦う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月29日のニュース