阪神・矢野監督「めちゃめちゃ悔しい」 首位巨人に食らいつくも及ばず連勝ストップ

[ 2019年7月8日 22:11 ]

セ・リーグ   阪神3―4巨人 ( 2019年7月8日    甲子園 )

<神・巨>9回無死一塁、バントを失敗し、炭谷(右)への捕飛に倒れる俊介(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神は甲子園での伝統の一戦、第1ラウンドで惜敗した。打線が2回に坂本の今季2号ソロ、3回に坂本の中前適時打、1点を追う7回に代打・原口の中犠飛などで3得点を奪ったが、あと1点及ばなかった。9回先頭の高山が四球で出塁するも、代打・俊介が犠打を決めることができず、得点を奪えなかった。

 先発の西は6回3失点と粘りの投球を見せるも、今季4勝目を掴めなかった。3―3で迎えた8回に登板したジョンソンが1死一塁からけん制悪送球。さらに三盗を決められると、続く陽が放った三遊間へのゴロを植田がさばけず、三塁走者に勝ち越しのホームを許した(記録は左前適時打)。

 失点するのは5月15日以来、登板13試合ぶり。当時の相手も巨人だった。また、甲子園で失点するのは来日後初。これが決勝点となりジョンソンは来日初黒星を喫した。

 打線も12安打16残塁の拙攻。チームの連勝は3で止まり、勝率は5割に。巨人とのゲーム差は7・5に広がった。矢野監督「今日負けて、めちゃめちゃ悔しい。頭もウチとしては絶対取りたい試合やったから…。こういうことをしたのは悔しいけど、明日、あさって、何とかリベンジをね。残り2試合で決めて終われるように頑張っていきます」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月8日のニュース