大谷 特大の14号2点弾 今季最長の7試合連続安打

[ 2019年7月8日 05:40 ]

ア・リーグ   エンゼルス―アストロズ ( 2019年7月7日    ヒューストン )

3回に2点本塁打を放った大谷(中央、AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(25)は7日(日本時間8日)、敵地Vヒューストンでのアストロズ戦に「3番・DH」で先発出場。3回の第2打席に左中間へ2点本塁打を放った。

 2―2の3回1死三塁で打席に入った大谷の打球は、左中間スタンドの看板に直撃する特大の一撃。勝ち越し2点弾となり、連続試合安打は今季最長の「7」となった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年7月8日のニュース