ヤクルト高梨、背信5敗目 初回いきなり6失点「良い流れ壊して申し訳ない」

[ 2019年7月8日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト1―7中日 ( 2019年7月7日    ナゴヤD )

初回1死一、三塁、堂上(左)に3ランを打たれ、ぼう然とする高梨(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・高梨が3回7失点で5敗目を喫し、チームの連勝が4でストップした。1死一、三塁から堂上に146キロ直球を中越えに本塁打されるなど、初回いきなり7安打を浴び6失点。「チームが良い流れで来ていたけど壊して申し訳ない」と肩を落とし、小川監督は「あれ(初回)が全てになってしまった」と話した。

 8日のDeNA戦(神宮)から、吉田と大村に代わって、バレンティンと西浦が出場選手登録される予定。レギュラー2人が復帰し巻き返す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月8日のニュース