DeNA 先発・飯塚が崩れ逆転負け…ラミレス監督「2回の4点で試合が決まってしまった」

[ 2019年7月8日 21:10 ]

セ・リーグ   ヤクルト5―3DeNA ( 2019年7月8日    神宮 )

<ヤ・D>DeNA先発の飯塚(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 DeNAは逆転負けで借金2となった。

 先発の飯塚が2回4失点で今季初黒星。ラミレス監督は「2回に4点を取られて試合が決まってしまったかなと思う。その後のリリーフはよく頑張ってくれたが、あそこの4点が痛かった」と厳しかった。

 この日は「1番・中堅」で先発予定だった神里が練習中に左足の違和感を訴えて欠場。指揮官は「今日もプレーできないレベルではなかったが大事を取った。明日は様子を見て」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月8日のニュース