ロッテ・レアード 古巣相手に“特大寿司” 6試合ぶり23号で山川猛追

[ 2019年7月8日 19:42 ]

パ・リーグ   ロッテ―日本ハム ( 2019年7月8日    ZOZOマリン )

<ロ・日>4回裏2死、レアードは左越えにソロを放ち寿司を握る(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテのレアードが古巣相手に特大「寿司」を握った。

 5点を追う4回2死走者なしの場面で、浦野の143キロ直球を左翼席中段まで豪快に飛ばした。

 「ここ数試合は狙ったボールが捉えきれない打席が多かったが、この打席はしっかり捉えることが出来た。幕張スシ、さいGO!(さあ、行こう、最高)」と、お約束の寿司ポーズでナインと喜びを分かち合った。

 2日のオリックス戦以来、6試合ぶり。リーグ本塁打キングの西武・山川を猛追する23号ソロ。昨季まで所属していた日本ハムからは3本目のホームランとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月8日のニュース