落合博満氏 西武・山川を「本物」と認める でも「これを捨てたら終わるだろうな」

[ 2019年7月8日 16:30 ]

落合博満氏(左)と西武・山川
Photo By スポニチ

 元中日監督で野球解説者の落合博満氏(65)が7日放送のNHK「サンデースポーツ2020」(日曜後9・50)で西武の主砲・山川穂高内野手(27)と初対面。山川たっての希望で実現した「夢の実現」で型破りな“オレ流”アドバイスを連発した。

 現役時代に史上最多3度の3冠王に輝いた落合氏を「一番尊敬するバッター」だと公言する山川は現在両リーグトップの27本塁打、68打点。だが、落合氏への思いは野球少年そのもので「なんでこんなすごい成績が出るんだろう」「ここぞとばかりに聞きたい」「楽しみっす」と自らノートに30の質問を準備して臨んだ収録は実に3時間以上にも及んだという。

 同じ右打者でもある希代の大打者を前に緊張感が隠せない山川に対し、落合氏はいつも通りのひょうひょうとした表情で「まあ、お座り」と声をかけ、夢の対談がスタート。

 落合氏は山川について「一昨年途中から出てきてね。こりゃ本物なのか、どうなんだろうなーっていう風に見てて、去年ホームラン王獲って。ああ、本物なんだ…と思いながら」と“本物”として認めたことを明かし、獲得タイトルだけではない、落合氏が考えるその根拠も示した。

 「一番感心したのはね…。お前、結婚したんだよな?」。その問いに「ハイ」と答えた山川に落合氏が続ける。

 「結婚して、練習したいから西武ドーム(メットライフドーム)のそばに住まいを構えた、と。必ずグラウンド出て来る前にそこで打って来る、と。それを言った時に、これは野球の中で大成はするんだろうな、と。すべてのサイクルを野球に回しちゃったんだろうね。だから数少ない選手だと思う。生き残るためには人が寝ている時にバットを振って。隠れているところでどれだけ練習量を積んでいくかっていう、だけのこと。それを実践してやってるっていうんだから。これを捨てたら終わるだろうな」。

 落合氏も山川も練習に練習に練習を重ねて数字を残したことが最大の共通点。大先輩の金言に山川は「ハイ」と神妙な顔でうなずいた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年7月8日のニュース