巨人デラロサ、1軍合流は球宴明け以降 宮本投手コーチ「後半戦の頭からしっかりいけるように」

[ 2019年7月8日 06:51 ]

巨人・デラロサ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 巨人の新外国人ルビー・デラロサ投手(30)の1軍昇格が球宴明け以降に決まった。

 デラロサは5日のイースタン・リーグ、西武戦(ジャイアンツ球場)で実戦デビュー。わずか6球で1回無安打無失点に抑え、最速は156キロをマークした。8日の阪神戦(甲子園)からの1軍合流も検討されたが、宮本投手総合コーチは「焦ってやっても仕方ない。後半戦の頭からしっかりいけるように」と説明。サインプレーなどの練習を積み、万全の状態で1軍に合流させることとなった。オールスター期間の練習から1軍に合流し、15日ヤクルト戦(長野)からの昇格に備える見通しだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月8日のニュース