日本ハム、オープナー奏功 加藤&ロドリゲスで援護引き出す

[ 2019年7月8日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム6―3楽天 ( 2019年7月7日    楽天生命パーク )

先発した日本ハム・加藤(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 日本ハムは2試合連続で「栗山流オープナー」で流れをつかんだ。前日は先発の堀が2回、2番手の金子が4回無失点。この日は加藤が2回1失点、続くロドリゲスは3回2失点ながらリズムの良い投球で打線の援護を引き出した。

 今季は開幕から先発の駒が不足し、同戦術を多用する栗山監督は「6回までに何点取られているかを考えてやっている」と狙いの一端を語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月8日のニュース