オリ、ソフトBに逆転勝ち 4番マレーロ大仕事「ヤリマシタ」

[ 2019年7月8日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス5―2ソフトバンク ( 2019年7月7日    京セラD )

ヒーローインタビューでファンの声援に応えるマレーロ(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 お立ち台でマレーロが「ヤリマシタ」と叫ぶとファンが歓声を上げた。オリックスは7日のソフトバンク戦に逆転勝ち。沈黙していた右翼席が一変したのは8回だ。先発の松本に7回まで2安打無得点。さらに8回もあっさり2死を奪われるが、ここから反撃が始まる。

 後藤の四球、宗の右翼線二塁打で二、三塁とし、前日頭部に死球を受けた福田が、嘉弥真から中前に落ちる同点適時打。さらに2死満塁となり、マレーロが椎野から中堅越えの3点二塁打。今季初の4番で大仕事をしたマレーロは「何番でも使ってもらえたら頑張りたい」と胸を張った。モヤが加入した3日以降は、これで9打数4安打6打点の大爆発と意地を見せている。

 「(死球が当たった頭の)表面がズキンズキンする」という福田は、「みんなに、あきらめムードがない」と最近のチームの変化を口にする。前日に自力優勝も消滅したが、まだまだ上位進出はあきらめいない。ソフトバンク戦の連敗も4で止め、西村監督は「これ以上負けるわけにはいかなかったから。(2死から)後藤が四球で出てくれたのが大きい」と、あきらめない気持ちを称えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月8日のニュース