阪神 3回に勝ち越し 菅野から同点ソロの坂本が今度は中前適時打!

[ 2019年7月8日 19:24 ]

セ・リーグ   阪神―巨人 ( 2019年7月8日    甲子園 )

<神・巨>3回2死一、三塁、菅野(右)から勝ち越しの中前適時打を放ち、ガッツポーズの坂本(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神の坂本がまた打った。1―1で迎えた3回2死一、三塁の勝ち越し機で打席に向かうと、1ボール1ストライクからの3球目内角143キロをコンパクトに弾き返した。安打と確認すると走りながら人差し指でベンチをさし、一塁塁上でもう一度同じポーズ。2回の同点ソロに続く快音で甲子園を沸かせた。

 今シーズン初めての複数安打、複数打点を記録した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月8日のニュース