阪神先発・西 大城に勝ち越しソロを浴びる 初回に先制打を許した男にまた

[ 2019年7月8日 20:09 ]

セ・リーグ   阪神―巨人 ( 2019年7月8日    甲子園 )

<神・巨>阪神先発の西勇輝(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 阪神先発の西が6回に勝ち越しの一発を浴びた。先頭の大城に、初球の内角に食い込む変化球を右翼スタンドまで運ばれてしまった。大城には1回に先制の適時打を許しており、それも初球を捉えられてのものだった。

 5回まで5安打2四球を許しながらもなんとか2失点で踏ん張り、同点ゲームを演出していた。しかし、グラウンド整備で時間が空いた直後の1球目を、勝ち越しの本塁打とされてしまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月8日のニュース