【東東京】朋優学院、5回コールド勝ち 大ケガからリハビリ中の主将・蟻井がチーム鼓舞

[ 2019年7月8日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 東東京大会2回戦   朋優学院11―1文教大付(5回コールド) ( 2019年7月7日    神宮第2 )

<朋優学院・文教大付>報道陣の取材を受ける蟻井主将(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 朋優学院(東東京)は昨年4月の練習試合でフェンスに激突し、大ケガを負った蟻井主将がベンチでチームを鼓舞し、文教大付に11―1で5回コールド勝ちした。

 左膝蓋(しつがい)骨と左鎖骨を骨折し「もう野球はできない」と覚悟した。現在は打撃ができるまで回復したが「今もボルトが入っている」という。蟻井の野球に対する姿勢を評価し、昨年12月の復帰後に主将に指名した宮原正幸監督は「本当にいい主将」と背番号10への信頼を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月8日のニュース