×

開心那 スケボー熱中しすぎて…「自転車に乗れない」 札幌の練習場・高木店長が明かす

[ 2021年8月5日 05:30 ]

東京五輪第13日 スケートボード女子パーク ( 2021年8月4日    青海アーバンスポーツパーク )

開心那が練習する地元・北海道のスケートパーク「HOT BOWL]のコース
Photo By スポニチ

 開の地元・北海道にある札幌市の練習施設「HOT BOWL skate park」の関係者約70人が市内体育館での応援会で声援を送った。銀メダル獲得が決まると「心那、よく頑張った」と歓喜に包まれた。

 同施設で店長を務める高木啓吾さんは、小1から同店に週3、4回通っている開について「最初はみんながいる中の一人、という感じ」と印象を語る。飛び抜けた才能があったわけではないが、母や祖母のお手製弁当を持参し休むことも忘れて5、6時間は練習に没頭。「練習量が物おじしないことにつながる。真面目。本当に凄いと思う」と舌を巻く。

 4年前から専属ライダーとして使用料なしで利用する代わりに堤裕介代表が注文したのが、施設のトイレ掃除。「僕たちにできるのは滑走料金をもらわないことくらい。代わりにトイレ掃除だけしてよ、と。何も言わずにやってくれる」。高木店長は、開について「(スケボーに没頭するあまりに)自転車にも乗れない。ここで練習していますよ」とこっそり明かした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月5日のニュース